痛風の改善方法|しっかりと治して快適な日常生活を取り戻す

女医

悪性リンパ腫の改善

3人の医者

悪性リンパ腫という言葉を聞いたことはあるけれども、その実態を詳しく理解しているという人は意外にも少ないかもしれません。悪性リンパ腫は誰にでも発生する可能性があるため、しっかりと予備知識を得ていることが重要なのです。コチラでは悪性リンパ腫について説明していくので、しっかりと確認しておきましょう。

まず血液の中には白血球や赤血球、リンパ球、血小板などが含まれています。これらの血液細胞は造血幹細胞と呼ばれている箇所で生成されていますが、悪性リンパ腫はこの生成される血液細胞ががん化したものを言います。血液のがんにはこの悪性リンパ腫の他にも、白血病や多発性骨髄腫などがあり、これらは血液の三大悪性腫瘍と言われています。

悪性リンパ腫が発生する原因は現在の医療研究では未だ解明されておらず、詳しいことは分かっていないというのが現状です。ですが最近の研究ではウィルスや細菌感染が原因の可能性があるとされています。悪性リンパ腫の症状としては、リンパ節の腫れやしこり、そして、その部分に痛みを感じたり、熱を感じたりすることがあります。また全身に力が入らず倦怠感があり、人によっては体重が減少するといった症状が発生することもあります。悪性リンパ腫の治療方法としては、一般的ながん治療と同様に放射線治療や抗癌剤を使用した化学療法が用いられます。それでも効果が見られない場合は、造血幹細胞の移植を行ないます。造血幹細胞の移植は放射線治療や化学療法と組み合わせることで、より高い治療効果を得ることが可能になります。