痛風の改善方法|しっかりと治して快適な日常生活を取り戻す

女医

循環器科での治療

病院

国内でも患者数が多いのが心臓や血管に関する病気です。心臓や血管に関する病気の種類としては、心筋梗塞や動脈硬化、不整脈、狭心症などがあります。これらの病気は循環器科を受診することで効率よく改善していくことが出来ます。循環器科を訪れる人に現れる症状の特徴としては、胸の痛みや息切れ、呼吸困難、動機、背中の痛みなどがあります。これらの症状に思い当たりがある人は、循環器科を受診してみると良いでしょう

狭心症は循環器科で治療を受けることが出来る病気の1つです。狭心症の症状は主に胸に現れます。狭心症の症状である胸の痛みや胸の迫感などは、坂道や階段を昇り降りしている際や、重い荷物を持っている時、入浴中などによくおこります。狭心症には安定狭心症と不安定狭心症がありますが、不安定狭心症の場合心筋梗塞を引き起こしてしまう可能性があるため十分に注意しましょう。狭心症の疑いがある場合は、早い段階で循環器科を訪れ医師に相談をすることが重要です。循環器科で行なう狭心症の治療としては薬物療法をメインに行ないます。狭心症の発作を効率良く抑える薬としてはニトログリセリンやカルシウム拮抗薬、β遮断薬などがあります。これらの薬は、血管を拡張させることで心臓の負担を減らすことが可能です。またβ遮断薬は血圧を低下させ、心拍数を低下させることが出来るため狭心症の発作を未然に防ぐことが出来るのです。薬物療法に使用する薬の選択は、医師と相談しながら選択していくことが出来ます。