痛風の改善方法|しっかりと治して快適な日常生活を取り戻す

女医

命の危険性もある病気

医者と看護師

世の中にある病気には様々な種類があります。なかでも特に有名な病気が心筋梗塞です。
心筋梗塞は命を落としてしまう危険性がある、恐ろしい病気です。そのためしっかりと知識をつけておくことが病気を未然に防いだり、効率良く治療を進めていくためにも重要です。心筋梗塞は動脈硬化や血管の中に脂肪の塊が原因で血栓が発生し、動脈が完全に機能しなくなり心臓に血液が行かなくなってしまった状態を言います。

まず心筋梗塞が引き起こされてしまう原因としては、先程も紹介したように動脈硬化が主な原因になります。この動脈硬化は食事や運動、飲酒、喫煙など日々の生活習慣が大きな要因となっています。最近の日本人の食事は欧米化が進んだことにより、脂肪分や糖分の摂取量が格段に増えています。脂肪分や糖分を多く含んだ食事は、比例してカロリーが高くなります。カロリーの摂取量が増えると、血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪の数値が高くなります。この状態が続いてしまうと、血管の内側に脂肪が付着し血流や血管破損を引き起こしてしまうのです。

心筋梗塞の治療方法としては薬物療法、カテーテル両方、手術療法が選択されます。薬物療法は主に初期段階で行われます。治療に使用する硝酸薬やβブロッカー、カルシウム拮抗薬などには血管を広げ、血流を改善し、血栓を溶かす効果があります。また心臓への負担を軽減させることを目的とした薬もあります。これらの薬や治療方法は、患者さんの身体の状態や体質、病気の症状によって選択肢を変えて行くことが出来ます。